-YOU-君がすべて-【Netflix】第5話のネタバレと感想

スポンサーリンク
you-君がすべて-

~ざっくり登場人物紹介~

ジョー:ニューヨークにある小さな書店の店長。ベックとはうまくいってるが新たな邪魔者が…?

ベック:作家を目指す大学生。恋も仕事も奮闘中。

ピーチ:ベックのビッチ親友。ジョーのことを良く思っていない。

アニカ:ベックのビッチ友達の一人。巨乳インスタグラマー。

パコ:ジョーのアパートの隣の部屋に住む少年。最低な義父もどきから母親を守りたい。

↓ジョーとベック



朝からいちゃらぶなジョーとベック。

あれからベックはジョーの部屋に頻繁に来るようになり、 ベックは執筆、ジョーはベックが執筆しやすいよう家事をサポート。幸せな生活を送っていた。

そんな中、ジョーはベックとビッチ軍団たちの女子会に強制参加させられる。が、ジョーはもちろんウンザリだ。

下の毛の脱毛の話とか聞かされてるんだもん、そりゃ嫌んなるわなw

遅れてやってきたピーチは、ジョーにある本について意見を求める。その本とはもちろんあの「オズのオズマ姫」。

本の価値を聞く素振りで、ジョーが犯人だという証拠を探そうとしているらしい。ジョーはうまくかわすが、ピーチはまだ納得していない様子だ。

 
 

ある日ジョーが書店で仕事をしていると、突然アニカが店にやってくる。ジョーの書店の古臭いサイトを見たアニカは、フォロワーの多い自分のSNSで紹介してやってもよくってよ?と、わざわざここまで足を運んできたらしい。

金持ちのお嬢さんでビッチなんだけど、私はなんとなくアニカ嫌いになれない。性格もピーチみたいに嫌味じゃなく、なんていうか豪快って感じで、友達にいたら面白そうだなって思うw

アニカはコンプレックスであるデカすぎる乳をあえてSNSに晒すことで、ボディポジティブなインスタセレブとして人気を誇っている。デブ扱いされた過去があり、ピーチとは昔からあまり仲がよろしくない。

女子グループにありがちだよね、個人的には嫌いだけどグループでつるまなきゃいけない人。

View this post on Instagram

her influence.

YOUさん(@younetflix)がシェアした投稿 –

ジョーはさっそくアニカが店の写真をあげてくれたインスタをチェックする。すると、アニカのインスタの中にちょっぴり気になる写真を発見。

写っているのはアニカとピーチらしき人物なのだが、なんだか顔がおかしい。っていうか鼻がおかしい。

ピーチが鼻をイジったことに気付いたジョーは、その画像を公開するようアニカにけしかける。

してやったり。ジョーは見事ピーチの恥ずかしい過去を晒すことに成功した。しかも自分の手を汚さずにね。

 
 

ベックは大学のワークショップの教授に呼び出されていた。父親について書いた詩が評価され、ベックに仕事を紹介したいという。喜んだベックは「やるわ!」と即答。ベックの作家としての道が、やっと開かれようとしていた。

その夜、ジョーとベックがお祝いのディナーへ行こうとしていたところに、急にアニカから電話が。

インスタで匿名のアカウントが、酔ったアニカが人種差別的な発言をした動画を晒したのだ。アニカのアカウントは瞬く間に炎上。ディナーは中止になり、ベックは落ち込んでいるアニカを慰めに向かった。

 
 

朝、ジョーは公園でジョギングをしていた。そしてジョーの数メートル先にはあのピーチの姿が。ピーチを敵と見做し今まで避けてきたが、逆に敵を知るべく近づく作戦に出たのだ。

ベックにしたように、今度はピーチのストーキングを開始。どうやらピーチは職場でも嫌われているようだった。

ベックに会いに、ジョーの書店を訪れたピーチ。そこでベックは、教授に仕事をもらえるかもしれないということをピーチに打ち明ける。

喜ぶかと思いきや、ピーチは神妙な面持ち。「実は私もエージェントを紹介しようと思ってて…」なんてまさかの一言が飛び出す。

ピーチは「そうだ!ジョセフ」と働くジョーを呼び止め、”明日の夜この店でパーティーを開くから掃除して”と、ジョーに突拍子もない命令を下す。そのパーティーでベックとエージェントを引き合わせると言うが、ピーチのことだから何か裏があるような気がしてならない。

ていうか突然押しかけてきて、明日パーティー開くから掃除しろって…。ジョーはよく耐えてる。もし自分の周りにこんなやつおったらとっくに殺意わいてますね。

 
 

ジョーが家に帰ると、いつものごとく階段にパコが座って本を読んでいた。ジョーはパコの手から本を奪い取り、カバーを外す。

中から出てきた本は、”未成年の起訴“というタイトル。母親に暴力をふるうロンを、パコはついに自分の力でなんとかしようとしていたのだ。

ジョーはパコを部屋へ招き入れ、「うまくいくかもしれないが、ママとは一緒にいられなくなる」と諭す。そしてまずは敵との向き合い方を学ぶよう、 復讐劇として有名な「モンテ・クリスト伯」の本を渡した。

 
 

翌日、ピーチの提案通りジョーの書店でパーティーが行われ、ベックはピーチに例のエージェントを紹介される。そしてベックとエージェントが話している間、ジョーとピーチは静かに火花を散らしていた。

隙を見て、ピーチのバッグを地下室に持ち込むジョー。目的はパソコンだ。しかし、当然パスワードがかかっていて中は見られない。

他の持ち物を漁っていると、水着を着たベックの写真を発見。上には大勢の人がいることも忘れ、ジョーはついその写真片手にオ○ってしまうw

いつも思うけどこのドラマこういう視写がけっこう生々しいんじゃい。絶対親とは見れんわ。

しかし一体ピーチはなぜ、ベックのこんな写真を持ち歩いているんでしょうね。

ピーチのバッグをそっと戻しに来たジョーは、ピーチがエージェントにベックの仕事を断るようコッソリ話しているのを盗み聞きしてしまう。

紹介したり断れと言ったり、一体ピーチは何がしたいの…?

気になったジョーは、戻したパソコンを再び持ち去るのだった。

 
 

何としてもピーチのパソコンのパスワードが知りたいジョーは、ヒントを得るためカフェにアニカを呼び出した。アニカはまだインスタでフォロワーが激減したことを引きずっていた。

ピーチとは遊ぶのに、自分と会うためには足を運ばないベックに不満げなアニカ。ピーチはベックをいつも”ベッカリシャス”なんてふざけたあだ名で呼び、まるで子犬のようだと批判する。

ジョーは本題であるピーチのパスワードのヒントを得るべく、ピーチが買っていた犬の名前を聞き出した。

そして再びアニカのインスタ話に付き合っていると、ベックから電話が。

「ピーチがあなたの家に来てる」

はぁ?

来てるっていうかもう家入ってるし漁ってるやん…

パソコンがないことに気付いたピーチは、真っ先にジョーの家へ家宅捜索しに来たらしい。

確かにジョーがやったけど…こんな堂々と人んちに不法侵入するかね?ベックも見てるだけで止めないし…

急いで家に帰るや否や、ピーチに犯人扱いされ責められるジョー。「パソコンくらい自分で買える」と反論。

そしてベックに助けを求めると「私を巻き込まないで」と突っぱねられてしまう。

えー元々の原因お前やん。。

誰か他の人間の仕業に持っていこうとするジョー。運よく、ピーチにはストーカーらしき人物がいることが明らかになる。

更にジョーは、GPSでパソコンの場所を探すことを提案した。結果、GPSが示したのはピーチの自宅

謝罪もなく、ピーチはジョーの家を後にした。

さすがのジョーももう我慢の限界。パーティーでピーチとエージェントが話していた内容をベックに漏らしてしまう。

ベックはジョーがイケメンエージェントに嫉妬していると思い、ジョーに「クソ野郎」と言い残し去ってしまった。

 
 

ジョーはピーチの家へ向かっていた。もちろんピーチに会うためではなく、玄関に隠したピーチのパソコンを今度こそ覗くためだ。

アニカから入手した、ピーチが飼っていた犬の名前をパスワードに入れてみる。結果は大ハズレだ。

当てずっぽうで、あの時アニカから聞いた「ベッカリシャス」というベックのあだ名を入れてみる。結果は…

開いた!

適当にファイルを開いていくジョー。「GB」というフォルダを発見し中を開いてみると…

そこには大量のベックの写真が入っていた。

よくあるインスタに載ってるうな日常的な写真から着替えの盗撮写真のようなものまで、そこにはありとあらゆるベックが写されていた。

ピーチはベックを愛している。友達としてではなく、恋愛対象として。

ベックの成功を邪魔するのもそのためだ。ベックが成功してしまえば、自分の元から離れてしまうから。

ベックのストーカーはジョーだけではなかったのだ。

  

ベックはある車の中へ乗り込んだ。中にいるのは、あの日ピーチが紹介したエージェントだ。

最初こそ調子よく喋っていたエージェントだったが、ベックの作品に見当違いの指摘をし、ついには薬を飲ませてヤろうとする。ベックが怒鳴ると「ピーチの言う通り君はまだ甘い」と逆上。ジョーが言っていたことは本当だったとベックは悟った。

  

夜、ベックはピーチを呼び出し、自分を陥れようとしたピーチを罵倒。そしてピーチがアニカの動画を晒したことも知っていると言い、二人は大ゲンカして別れた。

View this post on Instagram

🎬 #younetflix #elizabethlail #shaymitchell

YOUさん(@younetflixok)がシェアした投稿 –

その足でベックはジョーの家に直行。自分が悪かったと謝り、二人は無事に仲直りした。

するとそこへピーチから電話が。無視していたがあまりにしつこいので出ると、ピーチの声はうつろで、「大量の薬を飲んだ」などとほざいている。

ストーカーに加えてメンヘラですか。。めんどくさ。

  

ベックとジョーはすぐさまピーチの家へ向かった。ピーチはぐったりと倒れており、ベックが必至に介抱する。

ベックに言われた薬を探していたジョーは、ピーチの日記帳を発見する。日記帳には飲んだ薬がこと細かく書かれていたが、特に危険な量ではなかった。

すべてはピーチの芝居だったのだ。

ジョーは病院へ行くように言うが、ピーチは拘束されたくないと拒否。結局ベックはピーチの家に泊まることになった。

「一度のケンカで自殺なんておかしい」とジョー。しかしベックは「今までに何度もあって、その度に私が食い止めてきたと言い張る。

ジョーが去る瞬間、ピーチはどこか勝ち誇ったような顔でベッドに横たわっていた。流石のジョーも、今回は負けを認めざるを得ない。

  

 朝、ジョーは走っていた。ジョギングを始めた本来の目的を果たすために。

ジョーのすぐ先にはピーチが走っていた。ジョーは大きめの石を手に持ち、ピーチへと距離をつめ、そしてーー

次にジョーが見たものは、血を流し、倒れているピーチだった。

またやっちゃった。

今度はベックの友達までやっちまった。

 全速力で逃げるジョー。しかし、今度は別の問題が待ち受けている。

  

ジョーがアパートへ戻ると、ジョーの部屋の前で隣の部屋の暴力男、ロンが倒れていた。我慢できなくなったパコが、ロンに睡眠薬を盛ってしまったのだ。

ジョーは眠るロンの口に指を突っ込み、睡眠薬を吐き出させた。見事ロンは目を覚ましたが、ジョーを見るなり突然襲い掛かってきた。

ジョーがやったと思ったのかな?

抵抗するも無駄で、ジョーは血まみれのボコボコにされてしまう。

これはピーチを殺した報いだと、ジョーは自分の罪を受け入れた。だがまだ事件は終わらない。

血まみれでぐったり倒れているジョーの元に、ベックから電話がかかってくる。

「ピーチが襲われたの。これから集中治療室に行かないと」

え、嘘ピーチ生きてんの…?

ってところで5話は終了。

  

ついにピーチの正体がわかりましたねー。初めて見たときからこれレズっぽいなとは思ってたけど、あの写真のコレクションにはド引きだね。

ピーチが生きているとしたら、ジョーが犯人だってバレてしまうのかしら。

次話も楽しみです。



コメント