【13の理由2-6話のネタバレと感想】ザックが語る衝撃の真実

スポンサーリンク
13の理由
Amazon.co.jp

~ざっくり登場人物紹介~

クレイ:ハンナのクラスメイトで元バイト仲間。ハンナに恋していた。

ハンナ:自殺した転校生。自殺に至った”13の理由”をテープに録音して残す。

トニー:クレイの親友。生前のハンナの良き相談相手。

オリヴィア:ハンナの母。ハンナがいじめにあっていたと確信し、学校に訴訟を起こす。

ジャスティン:運動部の人気者。5ヶ月間ホームレス生活をしており、クレイの家に匿われるが逃げ出す。

ジェシカ:美人のチアリーダー。ブライスのレイプ被害に苦しむ。

ザック:運動部の人気者。”褒め言葉のメモ”を盗みハンナを傷つける。

以下、ネタバレ大いに含みますのでご注意ください。

13の理由 シーズン2 6話 「港で見せた笑顔」

侵入者

クレイは2枚のポラロイド写真をシェリに見せ、場所に心当たりがないか尋ねる。シェリはその直後、今度はライアンに“クラブハウス”という場所に心当たりがないかと尋ねられ、2つの場所が同一だと知る。

クレイの家を出ていったジャスティンは学校に登校する。周りに注目される中、「君のために戻ってきた」とジェシカに想いを伝えるが、ジェシカは「死んでてほしいと思ってた」と酷い言葉で再びジャスティンを突き放す。

ブライスの姿を見るなり突然床に倒れ込んだジャスティンを自宅に運ぶクレイ。ジャスティンが1人きりでクレイの部屋にいると、突然フードを被った人物が侵入し部屋を荒らしていく。

ジャスティンが追いかけようとしたところにクレイの父が鉢合わせし、クレイは両親にジャスティンを匿ってたことがバレてしまう。

ザックの証言

学校で運動部の男子生徒がいじめをしていると証言したザック。学校側の弁護士から「ハンナから手紙を受け取った後の夏休み、ハンナと外で何度も会っていたのでは?」と尋問され、真実だと認める。

夏休みにハンナが働く映画館を訪れたザックは、他の男子と一緒に噂をしたことや、”褒め言葉のメモ”を盗んだことをハンナに謝罪。ハンナは「ありがとう」と謝罪を受け入れ、ザックとハンナの関係は再スタートを切った。

ザックはハンナに会うため何度も映画館に通い、距離を縮めた2人はしだいにデートを重ね、お互い想い合うように。ある日話の流れでお互い初体験がまだだと発覚すると、ハンナが「SEXしてみない?」と提案する。

初体験で味を占めた2人は、夏の間中SEXに明け暮れた。恋人と呼べる関係になったが、ザックが周りに関係を隠し続けることに傷ついたハンナは突然別れを告げ、2人の関係はひと夏の恋として終わりを迎えたのだった。

   

証言を終えたザックが学校に戻ると、ブライスと取り巻きによりロッカーの中にハンナの名前が書かれた下着が入れられており、ザックはブライスと揉める。

自分とはSEXできなかったハンナがザックとは何度もSEXしていたと知りショックを受けたクレイは、ハンナのために行動することを躊躇い始める。

その他の出来事

“何か”を盗まれたジャスティン

クレイの部屋に侵入してきた人物により”何か”を盗まれた様子のジャスティン。しかしクレイには何も盗まれていないと嘘をつく。

裁判の証言が決まったクレイ

元々召喚リストには名前の載っていなかったクレイだったが、ハンナについていい証言をさせたいオリヴィアはハンナに恋していたクレイを召喚することに決める。

マーカスの秘密を握るタイラー

証言を終えたザックのスマホのアカウントをハッキングするタイラーとサイラス。すると写真フォルダの中からマーカスがストリッパーと楽しんでいる動画を発見する。

感想

だんだん設定に無理がある感が否めなくなってきた今話。このシーズン2は全体的に後づけ感が否めない箇所が多数あるんだけど、今回暴かれた秘密はその中でもピーク。

なんとあのザックとハンナが付き合っていただと。しかも夏の間中SEX三昧だったと。。

あのハンナが「1人でアレの練習してた」とか「今したいと思うことはこれしかないの」なんて卑猥な言葉を口にしてザックと絡み合っているシーンなんてもう見れたもんじゃない。1人で鑑賞していたもののなんだかすごくいけないものを見ているような、なんとも言えない気持ちになった。

いや、別にこれといって設定的に「これはおかしいだろ!」って部分はないんですよ。クレイは夏休み田舎に帰っていたと前シーズンから伏線張ってあったし。

けど、じゃあなんであの時あんなにクレイを拒否したのかとやはり疑問に思ってしまう。クレイを拒絶した時ハンナが頭に浮かべていたのは写真やリストのことで、それはもうザックとの関係の前に起こっていたことだったのに。

思春期の女子の心の複雑さ、不安定さを表現したかったのかもしれないけど、ザックとのこの関係性はイマイチ腑に落ちませんでした。

   

クレイはだんだんと謎に近づきつつあるもザックとハンナの関係を知りやる気撃沈。そりゃあそうでしょう。

ハンナの幻覚に「もしあの夏僕がいたら僕を好きになってくれた?」と問いかけるシーンが切なかった。

   

クレイの家を出ていったジャスティンはなんと学校へ登校するも、ジェシカに酷く突き放され結局クレイのお家へ逆戻り。クレイの両親に存在がバレてしまうものの、結局はお泊まり公認となったのでめでたし。

クレイの部屋を漁った侵入者はクレイではなくジャスティンの荷物から何かを奪っていった様子。現時点では何を取られたのか発覚していませんが、初めからジャスティン狙いだったとしたら何故ジャスティンがクレイの家にいることを知っていたのか…?

また、どんどん道を外していくタイラーはハッキングしたザックのスマホのデータから、生徒会長のマーカスがセクシーなストリッパーとお楽しみ中の動画を発見。これはまた一悶着ありそうな予感。

   

第7話へ続きます。